吹き付け 断熱材 硬質ウレタン

硬質ウレタンを使って、現場にて直接、吹き付ける断熱材

1液と2液を混ぜて吹き付ければ、勝手に膨らみます

厚みは、4寸の柱なので120mmありますので、100mmの吹き付けで、10cm
IMG_20150925_122433598

IMG_20150925_122418810

 

天井は。150mm 15cmの厚みがあります。

IMG_20150925_122507705

隙間はありません

クラスウールに比べると、施工単価高いのです

メリット・デメリットはいろいろあります

グラスウールは正しい施行をして0.05w/m・k程(100mmの場合)ほどで、厚みにより変わると思います

吹き付け断熱材は、熱伝導率:0.02w/m・kの性能があるらしいです

 

詳しくはわかりませんけど・・・

ウレタンフォームは燃えると聞いたので、燃やしてみました(笑)

IMG_20150925_122949401

IMG_20150925_123039994

燃えます

煙もでますが、燃え続けることはありませんでした

クラスウールも、火をつければ燃えるので同じでしょうけど

発泡スチーロールのように溶けて燃え続けることはありませんでした

関連記事

  1. 水回りの先行配管

  2. 換気扇 ダクト 防火ダンパー

  3. 花びらが散ったら、雨樋が詰まる

  4. ガリバリュウム鋼板 横張り

  5. Low-E複層ガラス 

  6. FOボード 施工 DIY工事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  1. 2022.03.25

    食べられる緩衝材

  2. 2022.03.15

    ヒーターが壊れました テトラヒーター購入

  3. 2022.03.08

    3月なんでラストパウダー シャルマン火打

  4. 2022.02.25

    コストコ LIFETIME ライフタイム 屋外倉庫 大…

  5. 2022.02.21

    スノーボードブーツ 破壊 

アーカイブ