吹き付け 断熱材 硬質ウレタン

硬質ウレタンを使って、現場にて直接、吹き付ける断熱材

1液と2液を混ぜて吹き付ければ、勝手に膨らみます

厚みは、4寸の柱なので120mmありますので、100mmの吹き付けで、10cm
IMG_20150925_122433598

IMG_20150925_122418810

 

天井は。150mm 15cmの厚みがあります。

IMG_20150925_122507705

隙間はありません

クラスウールに比べると、施工単価高いのです

メリット・デメリットはいろいろあります

グラスウールは正しい施行をして0.05w/m・k程(100mmの場合)ほどで、厚みにより変わると思います

吹き付け断熱材は、熱伝導率:0.02w/m・kの性能があるらしいです

 

詳しくはわかりませんけど・・・

ウレタンフォームは燃えると聞いたので、燃やしてみました(笑)

IMG_20150925_122949401

IMG_20150925_123039994

燃えます

煙もでますが、燃え続けることはありませんでした

クラスウールも、火をつければ燃えるので同じでしょうけど

発泡スチーロールのように溶けて燃え続けることはありませんでした

関連記事

  1. ガリバリュウム鋼板 横張り

  2. フローリング 施工

  3. エアコン 先行配管

  4. 壁の設置 石膏ボード プラスターボード

  5. 花びらが散ったら、雨樋が詰まる

  6. 落ち葉対策 片流れ屋根 最善の方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
  1. 2024.01.15

    今年の初滑りから雪まみれ シャルマン火打

  2. 2024.01.11

    当店までの道路状況

  3. 2024.01.08

    お客様か差し入れ頂きました

  4. 2024.01.07

    スチーマーの耐震補強しました

  5. 2024.01.06

    ムーランエムーランさんから災害支援品を頂きました

アーカイブ